スマートダイア®Ⅱ工法 商品構成

柱絞り通しダイアフラム工法 スマートダイア工法がバージョンアップ

スマートダイア工法は上下階の柱サイズが異なる柱はり接合部に用いる通しダイアフラム工法です。

スマートダイアⅡ工法は、上階柱と下階柱のサイズが異なる柱はり接合部に用いる柱はり接合工法です。本工法は、上階柱と下階柱の柱絞り量が50mm もしくは100mm の場合に使用可能で、建物全体の使用鉄骨量を減らしコストダウンに寄与します。また、通常のダイアフラムを用いた柱はり接合部と同様に設計・施工していただく事が可能です。その他、パネル部にストレートな鋼管を使用できることから、設計、施工の手間を軽減。供給体制も整え、早急な納入が可能であり、工期短縮を実現します。

構成

上階柱(角形鋼管)とパネル部鋼管の間に上ダイアフラムとして設置するのがスマートダイア工法です。下階柱と同幅のパネル部鋼管の周囲にはりがあり、パネル部鋼管と下階柱の間に下ダイアフラム(鋼板)がある構成となります。

規格

材質(種類)

HFW490dy(国土交通大臣認定 MSTL-0493、SN490C相当鍛鋼材)
HFW490dho(国土交通大臣認定 MSTL-0510、SN490C相当鍛鋼材)
TMCP325C(建築基準法第37条第二号に基づく国土交通大臣認定を取得した材料)

品種

下記に示す上階柱と下階柱の組合せにて使用可能

絞り量50mm
□250-□300,□300-□350
□350-□400,□400-□450
□450-□500,□500-□550
□550-□600,□600-□650
□650-□700

絞り量100mm
□200-□300,□250-□350
□300-□400,□350-□450
□400-□500,□450-□550
□500-□600,□550-□650
□600-□700

構造種別 鉄骨造
適用柱
  • 490ニュートン級以下の角形鋼管、ただし溶接組立箱型断面柱はパネル部鋼管のみ使用可能
    (材料強度の基準強度(F値)325N/mm2以下)
     例:BCP325,BCP235,BCR295(板厚25mm含む),STKR490,STKR400,熱間成形角形鋼管
  • 絞り量:50mmまたは100mm(それ以外は不可)
  • 中柱(芯合わせ)、側柱(一方向偏心)、隅柱(二方向偏心)
  • 材料強度:上階柱F値≦パネル部鋼管F値
  • 上階柱板厚(tc):32mm以下かつtc≦tp(tp<tc≦tp+4の組み合わせの場合は、別途お問い合わせください)
  • パネル部鋼管板厚(tp):32mm以下
  • パネル部鋼管と下階柱は同幅とする
適用はりフランジ
  • 490ニュートン級以下
    (材料強度の基準強度(F値)325N/mm2以下)
    (JIS 規格材の場合、材料強度の基準強度(F値)を1.1倍可能)
  • はりフランジ幅(Bf):Bf≦min(650,dp)(dp:パネル部鋼管幅)
  • はりフランジ厚(tf):tf≦T-6(T:スマートダイア厚さ)
上階階高(h)
(はり芯間距離)
h≧2.5dp
柱芯間距離(L) L≧1.25dp
適用軸力範囲 -0.5Ny~+0.5Ny(Ny:上階柱の降伏軸耐力)

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています