下地工法

角パイプ根太組方式

角パイプ根太組方式敷設図

当社独自の根太組みに支柱を1200㎜ピッチ(標準)とし、床下のユーティリティー空間を利用しやすくしています。

  • 床高さ:800~2000㎜

角パイプ根太+格子梁方式

角パイプ根太+格子梁方式敷設図

PCの格子梁や大梁等のピッチが大きい場合に有効です。角パイプの根太でレベルを取ります。根太の上で支持脚によるレベル取りも可能です。

支持脚方式

支持脚方式敷設図

床下の空調スペースが大きく必要でないときに有効です。最も簡単にダウンフローのクリーン空間を造れます。

  • 床高さ:150~1200㎜

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています

フリーアクセスフロアに関するお問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

電話・FAXでのお問い合わせ(別ウィンドウで開きます)

Webからのお問い合わせ

  • 会社案内ダウンロード
  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト