フリーアクセスフロアの取扱い

使用上の注意

施工完了後、製品ごとに取扱説明書をお渡ししております。ご使用前にはこの取扱説明書を必ずお読みになり、正しい方法でご使用ください。また、取扱説明書はお読みになられたあと保管していただくようお願いいたします。

1.改造厳禁

フリーアクセスフロアは、ご使用条件(使用場所や設置機器の重量)により選定、施工されています。パネルや支持脚の改造(穴開け、切断)は、フリーアクセスフロアの強度低下を招くなどの影響がありますので補強等の処置が必要です。改造をされる際には弊社までご相談ください。

フリーアクセスフロアに敷いてある表面材(カーペットタイル、タイル等)は、剥がさずにご使用ください。

2.衝撃注意

フリーアクセスフロアは、製品仕様に記載されている荷重に耐えられるよう設計されておりますが、重い物を落したり、踏み台などから飛び降りたりするとパネルや支持脚に変形や破損が発生することがありますのでやめてください。

3.水をこぼしたら

大量の水などをこぼした場合は、パネルを取外し、よく乾燥させてください。支持脚の接着力の低下、パネルの錆びあるいは強度の低下、漏電の原因となります。

4.パネルを外すとき

パネルは必要なとき以外は取外さないでください。配線工事等でパネルを取外すときはフリーアクセスフロア下の電源ケーブルや電話線等に充分注意してください。
また、取外したパネルは倒したりせずにていねいに取り扱ってください。取外したパネルは元の位置に同じ方向でおさめてください。パネルの取扱い(取外し、敷き込み、ガタ調整)の方法は取扱説明書をご参照ください。

パネルを取外したままにしないでください、思わぬ事故につながります。やむをえず取外したまま放置する場合は、その周りに柵などで囲いをして落下事故を防止してください。

5.換気は十分に

長時間使用されない部屋や湿度の高い部屋では、パネルに結露することがあります。結露は錆びや漏電等の原因となりますので、室内の換気には充分ご注意ください。

6.配線をするとき

機器の配線は漏電の危険がありますので、余裕を持たせた配線を行ってください。

機器の搬入(移動)と設置上の注意

重量物制限はパネルの種類により異なりますので取扱説明書をご参照ください。

1.搬入(移動)

  • フリーアクセスフロアの上で重量物を移動するときには、その自重以上の荷重がパネルにかかる場合があります。そのためパネル、支持脚等に変形や破損が発生することがありますので取扱説明書に記載されている方法で養生(保護)をしてください。
  • フリーアクセスフロア上で台車の通路となるところは、表面材が柔らかいので養生(保護)をしてください。
  • 台車等で移動する場合は『ガタン』といった衝撃のかからないようにゆっくりと移動してください。

2.設置

  • フリーアクセスフロアの上に重量物を設置するときは、設置面の面積が小さいとパネルに偏った荷重がかかり、変形や破損が発生することがありますので補強が必要です。
  • 重量物の設置時には『ドスン』といった衝撃を与えないようにそっと設置してください。衝撃を与えますとパネル、支持脚に変形や破損が発生します。

機器搬入・設置の目安

パネルタイプ 搬入時 設置時
養生不要(※1) 養生必要(※1) 機器重量(※2)
2000N(200kgf) 1000Nまで(100kgf) 2000N未満(200kgf) 4000Nまで(400kgf)
3000N(300kgf) 1500Nまで(150kgf) 3000N未満(300kgf) 6000Nまで(600kgf)
5000N(500kgf) 2500Nまで(250kgf) 5000N未満(500kgf) 10000Nまで(1000kgf)
6000N(600kgf) 3000Nまで(300kgf) 6000N未満(600kgf) 12000Nまで(1200kgf)
  • ※1
    但し、表面材がいたみます。
  • ※2
    4脚支持の機器でパネル1枚の上に機器の脚が1本しか乗らない場合。

養生方法

導板(ベニヤ板、鋼板等)を台車の通路となるところに敷いてください。

300㎏未満 ベニヤ板9㎜1枚
500㎏未満 ベニヤ板9㎜2枚
500㎏以上 ご相談ください

保守について

1.定期点検

長年に渡りフリーアクセスフロアの性能を保つために定期的(2~3年に一度)な点検を弊社までご用命ください。

2.カーペットタイルのお手入れ

  • 日頃の掃除は、電気掃除機でおこなってください。
  • コーヒーやソースなどをこぼしたときは、すぐに水でぬらし軽くしぼった雑巾で汚れを拭き取ってください。
  • 落ちにくい汚れは、カーペットタイルを取外して水で薄めた中性洗剤で洗い十分に乾燥してから敷いてください。また、汚れのひどいときは交換してください。
    • (例)
      スポットクリーニング専用洗剤/綿半鋼機:ケムドライシステム(ステインエクスティングイッシャー)
  • 弊社のカーペットタイル以外をご使用のときは、それぞれの取扱説明書をご覧ください。

3.帯電防止タイルのお手入れ

  • 使用する前に帯電防止ワックスを塗ってください。標準工事では施工完了時に帯電防止ワックスを塗布していません。帯電防止ワックスはタイルをキズや汚れから保護します。なお、ワックスはタイルメーカー指定の帯電防止用ワックスをご使用ください。指定以外のワックスは、帯電防止の効果が低下します。
    • (例)
      タジマ:セイデンポリッシュ
  • 日頃の掃除は、電気掃除機で行い、その後固く絞った雑巾等で拭いてください。
  • クリーナーやリムーバーを使用するときは、パネルを外し他の場所に移してご使用ください。その場で使用すると溶剤が支持脚等にかかり錆の原因になります。

レイアウト変更・その他

  • 小さな変更の場合は、取扱説明書に従っておこなってください。
  • 増改築などで広範囲にパネルを動かすとき、コンセントボックスの追加などは補強工事等が必要な場合もありますのでご相談ください。
  • 機器の配置変更に伴う、パネル切欠施工などの際は、ご相談ください。
  • コンセントボックス等の付属品については、それぞれのメーカーの取扱説明書をご覧ください。
  • 定期的な巡回、点検をおこなうメンテナンス契約も取扱っています。詳細についてはご相談ください。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

フリーアクセスフロアに関するお問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

電話・FAXでのお問い合わせ(別ウィンドウで開きます)

Webからのお問い合わせ

  • 会社案内ダウンロード
  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト