日立機材、コンパクト型制震部材を開発 制震用鋼板ダンパ「Xtendam(イクステンダム)」を新発売

(2015年10月14日)

日立機材株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:笠原伸泰)は、このたび制震用鋼板ダンパ「Xtendam(イクステンダム)」を発売しますので、下記の通りお知らせします。

1.開発の背景

兵庫県南部地震(1995年)や東北地方太平洋沖地震(2011年)などの大きな地震では、建物が倒壊せずとも著しい損傷によって継続して使用できなくなるという被害が報告されました。このような被害から建物を守る設計手法として、建物に制震部材を設置した制震構造が採用される事例が増えてきています。
日立機材(株)では既に油圧式制震ダンパ「ハイビルダム」の販売をしており超高層ビルを中心に多くの建物への採用いただいております。近年では制震建物は超高層ビルのみならず中高層ビルへも普及しており、設計者様の制震部材へのご要求も多様化してきています。これらにお応えする商品として新たに制震用鋼板ダンパ「Xtendam(イクステンダム)」を開発し、販売することとしました。

2.新商品の特長

(1)コンパクトで優れた変形性能

塑性変形部をX形状とすることで幅広い塑性領域を設けることが可能となりました。コンパクトでありながら優れた変形能力とエネルギー吸収能力を実現しています。

(2)様々な設置方法が可能

パネル型形状でかつ部材サイズを小さくしていますので、「壁・間柱型」「シアリンク型」「はり設置型」などの多彩な設置方法への適応が可能となっています。また、取付は高力ボルトで容易にできます。

(3)多彩な商品バリエーション

建物の性能に応じて必要な変形量・減衰力のダンパが選択できるよう、12種類の商品バリエーションを用意しています。

(4)ハイ・コストパフォーマンス

対性能価格で表す減衰力1tあたりの単価が¥1,500~2,000/t程度となり、コストパフォーマンスの高い制震部材を実現しています。

(5)高耐久性

塑性変形部には伸び性能と耐熱性能に優れた塗装を施しています。

3.商品ラインナップ

塑性変形部高さ
150mmタイプ:4種類
200mmタイプ:4種類
250mmタイプ:4種類
計12種類

4.適用範囲

S造、RC造、SRC造に適用可能

5.性能評価

日本ERI(株)性能評価

  • 設計および性能評価  評価書番号:ERI‐K15002(2015年7月取得)

6.産業財産権

特許 出願中

7.価格(設計価格例、消費税別)

(例)

塑性変形部高さ150mmタイプ
(最大荷重540kN)
75,000円

8.販売計画

2015年度 1億円
2016年度 5億円
2017年度 10億円

9.製造

10.販売開始時期

2015年10月14日

イクステンダム設置例/形状例

カタログ、詳細ページ

この件に関するお問い合わせ先

お客様

  • デバイス営業部 ダンパグループ
  • TEL
    03-3615-5424

報道機関

  • 経営企画グループ
  • TEL
    03-3615-5789
  • 会社案内ダウンロード

    センクシアの会社案内、商品ダイジェストなどのPDFデータをダウンロードいただけます。

  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト