露出型固定柱脚工法「日立ハイベース・エコ®工法」をリファインしました

(2004年10月01日)

発売以来多くの建物にご採用頂いております鉄骨建築用の露出型固定柱脚工法「日立ハイベース・エコ工法」は、適用する柱を角形鋼管柱の150×150㎜~350×350㎜に限定して、経済性を徹底的に追求した柱脚です。

この度、根切り深さをさらに浅くすべく、アンカーボルト4本タイプに限り、アンカーボルトの定着長さを従来のアンカーボルト径の20倍から約13.3倍に短尺化し、建築センターの評定を取得しましたので、以下にお知らせいたします。

1.開発の背景

日立ハイベース・エコ工法は、適用する柱を小径の角形鋼管(150×150㎜~350×350㎜)に限定した露出型固定柱脚工法で、発売以来多くの建物にご採用頂いております。 この度、「根切りをもっと浅くせよ」というお客様のご要望にお応えすべく、アンカーボルト4本タイプに限り、アンカーボルトの定着長さを従来のアンカーボルト径の20倍から約13.3倍に変更して建築センターの評定を取得し、根切りを浅くしました。また、同時に回転ばね定数値がアップしました。

2.国土交通大臣認定および日本建築センター評定

国土交通大臣認定 アンカーボルト(材料)

  • (1)取得時期:平成16年5月
  • (2)認定番号:MBLT-0042~0046

日本建築センター評定 工法

  • (1)取得時期:2004年4月
  • (2)評定番号:BCJ評定-ST0059-02

3.特長(ハイベース・エコの4本ボルトタイプに限る)

(1)ハイベースの剛性を高めました。

アンカーボルトの定着長さを従来のアンカーボルト径の20倍から約13.3倍に短くして、根切り深さを浅くしました。

(2)鋳鋼の特性を生かし、底面に特殊な切欠部を設けました。

回転ばね定数値が、従来品よりも最大23%アップしました。

4.工業所有権

国内6件出願中

5.適用可能な建物

鉄骨造の戸建住宅、集合住宅、店舗、工場、倉庫、事務所ビル、ショッピングセンター等

6.販売開始

平成16年10月1日

7.販売目標

平成17年度 20億円
平成18年度 30億円
平成19年度 40億円

8.製造および販売、施工

  • エコプレートの製造:日立金属株式会社 ロールカンパニー
  • アンカーボルト及び付属部品の製造:日立機材株式会社
  • ハイベース・エコの販売・施工:日立機材株式会社

この件に関するお問い合わせ先

お客様

  • 構造営業部
  • TEL
    03-3615-5432

報道機関

  • 経営企画グループ
  • TEL
    03-3615-5789
  • 会社案内ダウンロード

    センクシアの会社案内、商品ダイジェストなどのPDFデータをダウンロードいただけます。

  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト