電算室用低コスト・高性能免震床システムを開発、販売しました

(2003年09月17日)

当社は、平成元年に「免震装置・キープ」、平成9年に「免震床・スキッド」を発売しておりますが、今回、トータル的なシステムとして免震床とパネルを開発、販売することとなりましたのでお知らせいたします。
近年、東海地震の可能性がクローズアップされている中、平成15年7月に宮城県北部地震が発生し、約670名の負傷者と約10,000棟の被害が報告されています。このような被害から情報機器等を守るために、既設の建物にも設置可能な免震床の関心が高まってきています。
そこで当社では、長年の二重床の経験と実績に基づき、免震床システムを開発しました。免震装置「免震床・スキッド」は、耐荷重性能を大幅にアップし、二重床部のフロアパネル「CSA600」は、新デザイン・低コストタイプを実現しています。
新しい免震床システムの概要は以下の通りです。

1.特長

免震床・スキッド

  • (1)高性能
    • 耐荷重性能6000N/m2まで対応可能
    • 地震加速度が、入力波に比べ1/10に減衰(入力波:神戸海洋気象台波)
  • (2)豊富なバリエーション
    • ニーズに応じた機能で、低コストに対応
  • (3)軽量で低床
    • 装置質量17.1~23.6㎏/m2(OAフロア除く)と超軽量タイプ
    • 復元機構無の場合、床高さH=110㎜から対応可能
  • (4)リニューアルに対応可能
    • 施工性が良く、工期短縮で設置可能

CSA600

  • (1)低コスト
    • 電算室用重荷重パネル(6000Nタイプ、タイル貼り)
  • (2)リサイクル配慮商品
    • オールスチール製で、環境リサイクルに適応
  • (3)従来品との組合せ施工
    • アルミダイカストパネルとの組合せ施工が可能(パネル固定対応)
  • (4)新デザイン
    • エッジにリムがなく、ホコリ溜まりのないシンプルデザイン

2.商品ラインアップ

免震床・スキッド

型式 復元力 積載荷重 最小床高さ 質量
500×500㎜/600×600㎜
(㎏/m2
SKID-AR 有り 6000N/m2 250㎜ 20.2/23.6
SKID-AN 無し 6000N/m2 150㎜ 19.4/22.8
SKID-BR 有り 3000N/m2 250㎜ 17.9/20.2
SKID-BN 無し 3000N/m2 110㎜ 17.1/19.1
  • 表面仕上げ材を含む

CSA600

型式 パネルサイズ 強度規格
(中央集中Φ(ファイ)50載荷)
質量(㎏/m2 表面仕上げ材
剛性 終局荷重
CSA600 600×600㎜×40t 2.5㎜以下
/6,000N
15,000N以上 33.3 タイル・シート他
  • 表面仕上げ材を含む

3.工業所有権(登録出願中)

  • 免震床スキッド:特許 2件
  • CSA600:意匠 1件、特許 1件

4.需要先

一般オフィス、電算室、クリーンルーム(CSA600)

5.販売計画

設計価格(100m2以上、材工一式)

  • 免震床・スキッド:150,000円/m2~(600×600㎜、復元機構有の場合)
  • CSA600:30,000円/m2(表面材は含まず)

6.販売目標

平成15年度 約4億円
平成16年度(来年度) 約10億円
平成18年度(3年後) 約15億円

7.製造および販売

この件に関するお問い合わせ先

お客様

  • 内装営業部
  • TEL
    03-3615-5431

報道機関

  • 経営企画グループ
  • TEL
    03-3615-5789
  • 会社案内ダウンロード

    センクシアの会社案内、商品ダイジェストなどのPDFデータをダウンロードいただけます。