スマートアタッチ工法Ⓡ(方杖補強) 特長

無溶接・短工期の方杖補強工法

スマートアタッチ工法は、従来の耐震補強に替わる無溶接・短工期の方杖補強工法です。

特長

  • 特長1

    無溶接

    現場溶接作業が不要の為、養生範囲を狭めることが可能
    火災のリスクがほぼゼロ

  • 特長2

    工期短縮

    従来の高力ボルト接合で必要だった摩擦面処理が不要

  • 特長3

    施工効率の向上

    SA金物、方杖材はウインチ等により容易に取り付け可能

  • 特長4

    既存フランジの性能低下無し

    フランジを挟み込み、力を伝達する機構によりフランジ面の開孔作業が不要

  • 特長5

    確かな性能

    BCJ-審査証明-259を取得

構成

SA金物のラインナップは、H形断面材フランジ幅により3種類の型式。

スマートアタッチ工法の構成

適用範囲

項目 適用範囲
対象箇所 鉄骨造柱梁骨組の方杖補強
既存柱・梁 形状 H形断面材(圧延H形断面材、溶接組立H形断面材)
材質 400及び490ニュートン級剛材
フランジ幅 124㎜~305㎜
ウェブ厚 各ボルト径に対し適用最小板厚を規定
ウェブ幅厚比 71以下
H形断面材せい 1200mm以下
方杖材 材質 400及び490ニュートン級剛材
H形断面材との接合角度 20°~70°
形状 方杖材軸芯とガセットプレート軸心が一致していること。(単一山形剛、単一溝形剛等軸芯が一致していないものは適用不可)
  • センクシアにて確認します。

規格

材質 規格
SA金物 SCW480 相当 JIS G 5102「溶接構造用鋳鋼品」
SAプレート SM490B
SN490B
490ニュートン級TMCP 鋼
JIS G 3106「溶接構造用圧延鋼材」
JIS G 3136「建築構造用圧延鋼材」
大臣認定取得材
フランジボルト
ウェブボルト
F10T
S10T
JIS B 1186「摩擦接合用高力六角ボルト」
JSS Ⅱ - 09「トルシア形高力ボルト」

応力伝達機構

応力の伝達経路(既存材 直交方向)

スマートアタッチ工法:応力の伝達経路図(既存材直交方向)

方杖材の引張力に対してスマートアタッチ工法はH形鋼フランジが面外変形しない。
⇒フランジ面外変形を押さえる為のスチフナー等の補強材は不要ただし、横座屈補剛の必要性の有無は耐震補強の設計者が確認を行う。

従来工法との比較

工数シミュレーション

スマートアタッチ工法:工数シミュレーション

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください