PINベース工法 構成/寸法

「PINベースⓇ工法」

PINベース工法とは、在来ピン柱脚※に比べ回転剛性を小さくしてピン接合に近づけた低剛性柱脚です。

※注:「在来ピン柱脚」という表現は、「2020年度版建築物の構造関係技術基準解説書」において定義つけられているタイプⅠ(反曲点高比0.3程度)の柱脚を指しています。

構成

緩衝材 塞ぎ板 ベースプレート ナット・座金 中心鋼板 レベル調整用モルタル 空洞
アンカーボルト 定着板

構成部品と規格

構成部材 ベースプレート アンカーボルト 定着板 座金 ナット 中心鋼板 緩衝材 塞ぎ板
規格 JISG3136 JISG3138 JISG3106 JISG3106 JISB1052 JISG3101
備考 SN490B SNR490B SM490A SM490A 強度区分5 SS400 樹脂発泡目地材 コンクリート等流入防止

塞ぎ板

PINベース工法では、ベースプレート下面へのコンクリート等の流入を防止するため塞ぎ板を設置します。

塞ぎ板の設置

緩衝材

PINベース工法では、柱およびベースプレートを介してコンクリートスラブに曲げモーメントを伝達させないため、緩衝材を設置します。

スラブ天端 コンクリートスラブ 緩衝材
  • 緩衝材はスラブ天端より上部に突出します。
  • 緩衝材の標準高さ:300 mm 標準厚さ:ベースプレート上部 20 mm、柱側面部 10 mm
  • コンクリートスラブ打設後、スラブ天端から突出した緩衝材は必要に応じて切除が可能です。

中心鋼板

  • PINベース工法では、柱の軸力をレベル調整用モルタル及び中心鋼板で負担します。
  • 曲げによるレベル調整用モルタルの割裂を防ぐため中心鋼板を使用します。
中心鋼板 警告:中心鋼板はレベル調整用モルタル上部に確実に設置してください。

ベースプレートおよび中心鋼板の防錆処理について

  • PINベース工法では、ベースプレート下面および中心鋼板に防錆処理として塗装を施した状態を想定し、せん断耐力を算出しています。
  • ベースプレートには塗装は施しておりません。
  • 塗装する場合はJIS K 5674に基づく仕様としてください。

ナットのゆるみ止め処置について

  • PIN ベース工法で用いるアンカーボルトは一重ナットのため、ゆるみ止め処置としてコンクリートスラブで被覆してください。

型式一覧と各部材寸法

型式表示例 PB300-M-20(PB:角形鋼管柱用、300:柱サイズ、M:PINベースタイプ、20:ボルト径)

アンカーボルトと構成部材

アンカーボルトと構成部材

各部材寸法

ねじの呼びM20のとき、P2.5mm,S90mm,L400mm,a8mm,Lo520mm,m16mm,s30mm,e34.6mm,tw12mm,dw21mm,Dw54mmです。ねじの呼びM24のとき、P3mm,S110mm,L400mm,a10mm,Lo550mm,m19mm,s36mm,e41.6mm,tw12mm,dw25mm,Dw58mmです。ねじの呼びM30のとき、P3.5mm,S130mm,L400mm,a13mm,Lo580mm,m24mm,s46mm,e53.1mm,tw12mm,dw31mm,Dw66mmです。ねじの呼びM36のとき、P4mm,S150mm,L480mm,a16mm,Lo690mm,m29mm,s55mm,e63.5mm,tw12mm,dw37mm,Dw70mmです。
  • a寸法は設置誤差を考慮した設計時の最小寸法です。施工時はねじが最低3山ナットの外に出るように余長を確保してください。

注意

PINベース工法で用いるアンカーボルトは一重ナットのため、ゆるみ止め処置としてコンクリートスラブで被覆してください。

ベースプレートのアンカーボルト孔径

(mm)

ねじの呼び M20 M24 M30 M36
孔径 34 38 44 50

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています