PINベース工法 商品特長

「PINベースⓇ工法」

PINベース工法とは、在来ピン柱脚※に比べ回転剛性を小さくしてピン接合に近づけた低剛性柱脚です。

※注:「在来ピン柱脚」という表現は、「2020年度版建築物の構造関係技術基準解説書」において定義つけられているタイプⅠ(反曲点高比0.3程度)の柱脚を指しています。

特長

「PINベース工法」とは在来ピン柱脚に比べ約1/10に剛性を低減しており、接合部をよりピン接合に近づけた低剛性柱脚です。

  • 「2020年度版建築物の構造関係技術基準解説書」において定義づけられているタイプⅠ(反曲点高比0.3程度)の柱脚を指しています

剛性を在来ピン柱脚より約1/10に低減しました。

ベースプレートにスリットを設け変形しやすくし、鉄骨建て方後のベースプレート下面の後詰めモルタルをなくすことにより、在来ピン柱脚に比べ低剛性を実現しました。

角型鋼管柱用

在来ピン柱脚との比較

回転ばね定数と耐力算定用の仮定断面の比較 回転ばね定数と耐力算定用の仮定断面の比較
回転ばね定数比較グラフ 回転ばね定数比較(例:角形鋼管柱□300)
PINベースの特長
  • 特長1
  • 特長2

    基礎柱形を標準化

    アンカーボルトに生じる引張力が小さいため、コンクリートのコーン耐力のみでアンカーボルトを基礎に定着させることが可能です。

    これにより、基礎柱形は、コンクリート断面積に対して主筋断面積の和の比率を0.4%超として標準化しました。

    根切りを浅くする事が可能

    在来ピン柱脚のアンカーボルトの定着長さは一般的に20d(d:アンカーボルト径)ですが、PINベース工法はアンカーボルトの定着長さを13.3d(最小値 400mm)と大きく短縮。根切りを浅くすることができ、基礎の簡素化が可能となります。

    また、アンカーボルト直下に固定用アングルを配置させる専用の固定治具を採用し、配筋納まりを容易にする等、施工方法についても現場施工の省力化に貢献できる仕様としています。

    アンカーボルト定着長さ(M30の比較図) アンカーボルト定着長さ(M30 の比較)
  • 特長3

    PINベース工法認定施工業者が施工

    施工手順詳細はこちらをご参照ください。

採用事例

PINベース工法は、平屋~2階建て等、低層建物の柱脚に適しています。

基礎形状を簡略化できるため、在来ピン柱脚に比べトータルコストの削減につながります。

用途 建物階層 建築面積 型式 台数
事例1 倉庫 平屋 1,000㎡ PB350-M-30 21台
事例2 倉庫 平屋 350㎡ PB250-M-20 14台
事例3 厩舎 2階建て 300㎡ PB450-L-M-30 12台
PINベース工法採用事例イメージ図① イメージ図
PINベース工法採用事例イメージ図② イメージ図

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています