PINベース工法 概要/特長/寸法

「PINベースⓇ工法」

PINベースとは、在来ピン柱脚※に比べ回転剛性を小さくしてピン接合に近づけた低剛性柱脚です。

※注:「在来ピン柱脚」という表現は、「2015年度版建築物の構造関係技術基準解説書」において定義つけられているタイプⅠ(反曲点高比0.3程度)の柱脚を指しています。

概要

「PINベース工法」は在来ピン柱脚※1に比べ約1/10に剛性を低減しており、接合部をよりピン接合※2に近づけた低剛性柱脚です。

  • ※1
    「2015年度版建築物の構造関係技術基準解説書」において定義づけられているタイプⅠ(反曲点高比0.3程度)の柱脚を指しています
  • ※2
    接合部に力が加わったときに、移動はしないが回転はする接合方法を指しています

平屋~2階建てなど、低層建物の柱脚に適しています

PINベース工法は低剛性のため、平屋や2階建などの低層建物の柱脚として適しています。基礎形状を簡素化できるため、在来ピン柱脚に比べトータルコストの削減につながります。

構成

緩衝材 塞ぎ板 ベースプレート ナット・座金 アンカーボルト 定着板
緩衝材 塞ぎ板 中心鋼板 基礎コンクリート 空洞 レベル調整用モルタル

構成部品と規格

構成部材 ベースプレート アンカーボルト 定着板 座金 ナット 中心鋼板 緩衝材 塞ぎ板
規格 JISG3136 JISG3138 JISG3106 JISG3106 JISB1052 JISG3101
備考 SN490B SNR490B SM490A SM490A 強度区分5 SS400 樹脂発泡材 コンクリート等流入防止

適用柱

鉄筋コンクリート構造の基礎をもつ高さ31m以下の鋼構造建築物の柱

  • BCR295・BCP235・BCP325等の冷間成形角形鋼管に対応しております。
  • 熱間成形角形鋼管柱および溶接組立箱形断面柱にも適用可能です。
  • JIS規格H形鋼、溶接組立H形柱のほか外法一定H形鋼にも対応しております。

注意

PINベース工法はブレース構造にも対応しておりますが、ベースプレートにスリットがあるため取付位置に注意が必要です。

特長

  • 特長1

    剛性を在来ピン柱脚より約1/10に低減

    スリットを設けることでベースプレートを変形しやすくし、在来ピン柱脚より低剛性を実現。

    H柱用
    角型鋼管柱用

    後詰めモルタルをなくすことにより、在来ピン柱脚に比べ剛性の低減が可能に

    在来ピン柱脚との比較

    回転バネと耐力算定用の過程断面の比較
    回転バネ定数(kN・m/rad) 在来ピン柱脚 7600 在来ピン柱脚PINベース 700 バネ定数比較(例:H-300)

    剛性が低いため、基礎(サイズ・鉄筋量)を小さくすることが可能です。

    また、PINベース工法は曲げモーメントを基礎梁に負担させない設計も可能なため、地中梁を省略しやすくなり基礎の簡素化が可能です。

  • 特長2

    根切りを浅くする事が可能

    在来ピン柱脚のアンカーボルトの定着長さは一般的に20d(d:アンカーボルト径)ですが、PINベース工法はアンカーボルトの定着長さを13.3dと大きく短縮。(最小値 400mm)

    根切りを浅くすることができ、基礎の簡素化が可能となります。また、アンカーボルト直下に固定用アングルを配置させる専用の治具を採用し、配筋納まりを容易にするなど、施工方法についても現場施工の省力化に貢献できる仕様としています。

寸法

H形柱用(PHタイプ)

角型鋼管柱用(PBタイプ)

アンカーボルトと構成部材

各部材寸法

(mm)

ねじの呼び アンカーボルト ナット 座金・定着板
ねじ 定着長さ 余長 全長 高さ 二面幅 対角距離 厚さ 内径 外径
ピッチ 長さ
P S L a※ Lo m s e tw dw Dw
M20 2.5 90 400 8 520 16 30 34.6 12 21 54
M24 3 95 400 10 550 19 36 41.6 12 25 58
M30 3.5 110 400 13 580 24 46 53.1 12 31 66
M36 4 130 480 16 690 29 55 63.5 12 37 70
  • a寸法は設置誤差を考慮した設計時の最小寸法です。施工時はねじが最低3山ナットの外に出るように余長を確保してください。

注意

アンカーボルトは一重ナットが標準のため、緩み止め処置としてコンクリートスラブへの埋込みが必要です。

ベースプレートのアンカーボルト孔径

(mm)

ねじの呼び M20 M24 M30 M36
PH・PBタイプ共通 34 38 44 50

緩衝材について

PINベース工法では、柱材およびベースプレートを介してスラブコンクリートに曲げモーメントを伝達させないため、緩衝材を設置します。

塞ぎ板

PINベース工法では、ベースプレート下面へのコンクリート等の流入を防止するため塞ぎ板を設置します。

後詰めモルタルについて

PINベース工法では、鉄骨建て方後、ベースプレート下面に後詰めモルタルは注入しません。

PINベース工法ではベースプレート下面に後詰めモルタルを注入しないでください。

注意

上記の緩衝材、塞ぎ板の設置、および後詰めモルタルを注入しない処置がなされていない場合、規定の構造性能が発揮されません。確実かつ適切に行ってください。

ベースプレートおよび中心鋼板の防錆処理について

  • PINベース工法では、ベースプレート下面および中心鋼板に防錆処理として塗装を施した状態を想定してせん断耐力を算出しています。
  • 標準仕様ではベースプレートには塗装は施しておりません。
  • 塗装する場合はJIS K 5674に基づく仕様としてください。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています