あべのハルカス

2014年3月7日にオープンしたあべのハルカスは、「日本一の超高層ビル」として高さ300mを誇ります。竹中工務店・奥村組・大林組・大日本土木・錢高組共同企業体が手がけたこのビッグプロジェクトに当社「ハイリングⅡ工法」がその技術面・コスト面を評価され、採用されています。

使用商品

あべのハルカス

2014年3月7日に開業した、地上60階、地下5階、高さ300mの日本で最も高い超高層ビルです。構造物としても東京スカイツリー、東京タワーに続く3番目の高さを誇っています。

http://www.abenoharukas-300.jp/

課題

  • 在来工法・従来品のコスト

在来工法や当社の従来品ではコスト面が課題となっていました。

「ハイリングⅡ工法」の効果とメリット

  • 施工工数の低減
  • コストメリット

鉄骨ばり貫通孔補強工法であるハイリングⅡ工法は、標準化された特殊な補強金物(ハイリング)を用いることで、従来工法やその他の工法と比較して商品コストや施工工数の低減が可能です。
また、補強部の性能評価が明確ではない在来工法に対し、ハイリングⅡ工法は確立した評価方法で全箇所の耐力確認を行っていますので安心してご使用いただけます。

本物件の特長とご評価

「日本一の超高層ビル」を創るというビッグプロジェクトでした。
ハイリングはこのような高層ビルの建築においても優位性を発揮できる商品です。
さらなる商品の改良により、コスト・施工性を改善するとともに、現場や加工工場の省力化が図れ、お客さまに喜んでいただける新しい商品を今後も開発してまいります。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください