日本ヒューレット・パッカード株式会社 新本社

日本ヒューレット・パッカード株式会社の新本社設立に際し、最新鋭のサーバーを展示・性能確認できるソリューションセンターが1階に開設されました。当社はこのソリューションセンターに免震床「キープ」「新型免震プレート」「NEOフロアシリーズ」を納入させていただきました。

使用商品

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社は、HP初のアジア拠点として1963年に誕生しました。テクノロジーとイノベーションによるさまざまな価値を広く日本の皆様にお届けし、2013年、創立50周年を迎えました。

http://www8.hp.com/jp/ja/hp-information/

課題

  • 免震機能を見せる施工
  • 空調効率の向上

ソリューションセンターは最新鋭サーバーを展示するための施設で、ショールームだけでなく各種サーバーの性能確認をすることができます。そのため、一般的なサーバールームに必要な免震機能を持たせるだけではなく、「見せる」という機能と空調効率を向上させる機能を課題としてお持ちでした。

効果とメリット

免震床「キープ」

  • 世界初の本格的部分3次元対応免震床
  • 水平加速度を1/15、上下加速度を1/4の応答に減衰が可能(大規模地震を想定した実験による)
  • 既存・新設建物を問わず施工が可能

(今回導入した商品は、全面2次元免震床です。)

NEOパネルシリーズ

  • 当社独自のFEM解析・湯流れ解析技術を駆使し最軽量フロアパネルを設計(2008年9月現在)
  • アルミダイカスト製のため、100%リサイクル可能
  • 施工体制を含める充実したアフターサービス

本物件の特長とご評価

本件はソリューションセンターへのご採用ということで、免震性能だけでなく「空調効率まで考えた見せる免震床」としました。免震装置とフリーアクセスフロアを共に扱っている当社ならではの対応と評価いただいています。
また引き続き、最新のソリューションや・製品のデモンストレーションなどをお客さまにご覧いただく施設Executive Briefing Centerに免震床を引き続きご採用いただいております。サーバーの出入りがとても多い部屋で、一般的な歩行程度の強度と段差では対応できませんが、当社の新型緩衝板はフラットかつ強度が高いため、お客さまのご要望に応えることができました。

東日本大震災後、免震床「スキッド」・「キープ」についての多くの引き合いをいただいています。免震とフリーアクセスフロアの両方を持っている当社ならではの総合的な対応が可能ですので、お客さまのニーズに合わせてご提案いたします。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください