鋼板ダンパ 概要/特長

建物の揺れをしっかり抑える。

鋼板ダンパ(イクステンダム)は、建物が揺れる際の振動エネルギーを吸収し、建物の揺れを抑えて安全性と居住性を高める制震装置です。

概要・特長

1.概要

地震が起きた際に建物の柱・はりに負荷がかかります。そこで、イクステンダムを設置することによって、イクステンダムを降伏させ地震時のエネルギーを吸収します。これにより、柱・はりの負荷を軽減、かつ地震の揺れを抑制することができます。

2.特長

  • 特長1

    地震時のエネルギーを吸収でき、柱・はりの負荷を軽減、かつ地震の揺れを抑制

  • 特長2

    塑性変形部をX形状とすることにより、優れた変形性能とエネルギー吸収を実現

  • 特長3

    地震時の建物の変形量に応じて、ダンパの種類が選択可能

  • 特長4

    靱性に富む鋼材(低降伏点鋼LY225)を使用

  • 特長5

    延び性能に優れた塗料を使用

  • 特長6

    経済性がよい

  • 特長7

    交換が容易

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

ダウンロード

この商品を見ている人はこのような商品も見ています

ハイベース・構造部材に関するお問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

電話・FAXでのお問い合わせ(別ウィンドウで開きます)

Webからのお問い合わせ

  • 会社案内ダウンロード
  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト