ハイリング®Ⅲ工法 適用範囲/設計フロー

鉄骨ばり貫通孔補強工法「ハイリングⅢ工法」。

ハイリングⅢ工法は、特殊な補強金物(ハイリング)を標準化。鉄骨加工製作の合理化を図り、コスト削減・工期短縮を目的として開発されました。

適用範囲

S造の場合

構造種別 S造
適用可能はり種別ごとの補強タイプ 大ばり:Rタイプ,Bタイプ,R+Sタイプ
小ばり・片持ばり:Sタイプ,Rタイプ,Bタイプ,R+Sタイプ
H形断面鉄骨 はり成(D) 2400㎜以下
はり材質 400N/㎟級、490N/㎟級、520N/㎟級、550N/㎟級、590N/㎟級
塑性化領域への貫通孔 2箇所以下(ただし、2箇所の貫通孔径の合計は2/3D以下)
貫通孔径(d) Φ100~600、孔径比:はり成の2/3以下
はりウェブ幅厚比 95以下(ただし、塑性化領域に設置する場合はFA,FBのみ)
はり成とはりフランジ幅(B)の比 D/B≦8
ピッチ(P) 孔中心間距離P≧1.5d(dは孔径の平均)
偏心量(e)

Rタイプ

Bタイプ

大ばりの塑性化領域:e≤1/2(2/3D-d)かつe≤1/2{D-2(tf+rf+5)-d3}
それ以外:e≤1/2{D-2(tf+rf+5)-d3}
R+Sタイプ 大ばりの塑性化領域:e≤1/2(2/3D-d)かつe≤D/2-(tf+rf+5+25)-d3/2-S
それ以外:e≤D/2-(tf+rf+5+25)-d3/2-S
Sタイプ e≤D/2-(tf+rf+5+30)-d/2-S
はりを構成する構造部材との距離(G)
(ガセットプレート等)
補強金物同士の距離(P')
ハイリング・SPスティック端部から20㎜以上
フランジスプライスプレートとSPスティックの距離(G') 0㎜以上

注意

設計用軸力の作用するはりの適用範囲はオプションをご参照ください。

大ばりの場合

  • SPスティックはハンチ部分に取り付けることはできません。

小ばり・片持ばりの場合

  • 耐力確認により本規定以上の寸法が必要となる場合があります。

高さの納まり適用範囲

  • 偏心量(e)を計算することで下記の規定を満足できます。

凡例

  • tf:はりフランジ厚
  • rf:フィレット部半径
    (ビルトHはりの場合は脚長)
  • d3:ハイリング外径
  • B1:SPスティック長さ
  • S:SPスティック高さ
  • r1:rf+5㎜以上
    (ハイリング外径~はりフランジまでの間隔)
  • r2:rf以上25mm以下
    (SPスティック端~はりフランジまでの間隔)
  • r3:2a1mm以上
    (SPスティック端~下孔径までの間隔)

SRC造の場合(Rタイプ・Bタイプ のみ適用)

構造種別 SRC造
H形断面鉄骨 はり成(D) 1200㎜以下
適用可能はり種別ごとの補強タイプ 大ばり・小ばり・片持ばり:Rタイプ・Bタイプ
はり材質 400N/㎟級、490N/㎟級
塑性化領域への貫通孔 1箇所以下
貫通孔径(d) Φ100~600
孔径比:0.7Dかつ0.4Drc以下(ただし、塑性化領域はd≦0.28Drc)
鉄骨はりウェブ幅厚比 95以下
鉄骨はり成とRCはり成(Drc)の比 D/Drc≧0.37
ピッチ(P) 孔中心間距離P≧3.0d(dは孔径の平均)
偏心量(e)

e≤1/2(2/3D-d)かつe≤1/2{D-2(tf+rf+5)-d3}
d≧2/3Dの場合は偏心不可

  • tf:はりフランジ厚
  • rf:フィレット部半径
    (ビルトHはりの場合は脚長)
RC上下端部と貫通孔の縁あき(ed) 180㎜以上
はりを構成する構造部材との距離(G)
(ガセットプレート等)
補強金物同士の距離(P')
ハイリング外径から20㎜以上
  • 耐力確認により本規定以上の寸法が必要となる場合があります。

注意

RC部分は別途検討が必要です。
設計用軸力が作用するはりには使用できません。

設計フロー

  1. 貫通孔径・位置の決定

  2. 適用範囲の確認(S造・SRC造)

    適用範囲参照

  3. 貫通孔位置の耐力の確認

    • 長期応力≦長期許容耐力
    • 短期応力≦短期許容耐力
    • 終局応力≦終局耐力
    となるハイリング型式を選定する。
    • SRC造では「SRC規準」に準じて、鉄骨部分の応力を確認する。

検討結果

専用プログラムによる選定後、検討結果を一覧表形式にてご提出致します。

ハイリングⅢ工法選定表

検討サービス

スリーブ図CADデータをお預かりし、適用可否を検討致します。

スリーブ図

スリーブ図部材リスト

適用可否検討サービスの流れ

お客様→センクシア:CAD図はりリスト、センクシア→お客様:検討書・検討図面

関連商品の納入事例紹介

松竹株式会社 GINZA KABUKIZA(歌舞伎座タワー)

GINZA KABUKIZAにふさわしい、確かな信頼と安心をご提供する建築工法として、「ハイリングⅡ工法」が採用されました。

使用商品

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています