ハイベースNEO®工法 特長

ハイベース工法をリファイン。

ハイベース工法は、40年以上の販売実績を有する露出型固定柱脚工法です。センクシアでは、多様化するユーザーのニーズに応えるために、研究開発を重ね、ハイベース工法を「ハイベースNEO 工法」にリファインいたしました。(偏心タイプ(BS・BC 型式)を除く。)

  • 特長1

    1階のDs割増が不要

    ベースプレートとアンカーボルトの終局耐震性能が充分に発揮されるベースプレート形状とすることで、スリップ型の履歴曲線を改善し、柱脚の吸収エネルギーを向上させました。

    スリップ型の露出柱脚の履歴曲線が8の字型だったのに比べ、ハイベースNEO工法ではなめらかな曲線になっています。 履歴曲線の比較

    1階Dsの割増不要

    (ただし、1階の保有水平耐力が必要保有水平耐力の1.1倍以上であることを確認してください。)
    1階Dsの割増が不要となるのは純ラーメン構造の場合に限ります。
    (この場合の純ラーメン構造とは直交方向にブレースを有する場合も含みます。)

    • H形柱用(EH・GH型式)、角形鋼管柱用偏心タイプ(BS・BC型式)は1階Dsの割増が必要です。

    注意

    1階Dsの割増が必要な柱脚(EH・GH・BS・BC型式、在来工法等)と不要な柱脚(EB・GB・EM・GM型式)が同一の層に混在する 場合は、1階Dsの割増が必要です。

  • 特長2

    鋼板製・鋳鋼製の2タイプのベースプレートを採用

    鋼板製(エコタイプ)と鋳鋼製(Gタイプ)の2タイプのベースプレートを採用することで、経済性と性能を考慮した型式選定が可能です。

    エコタイプ (表) (裏) Gタイプ (表) (裏) 鋼板製・鋳鋼製の2タイプのベースプレートを採用
    • せん断力を効果的にアンカーボルトに伝達させるため、ベースプレート底面のアンカーボルト付近に凹面加工を施しています。
    • センターマーク、柱位置を記していますので、柱を取り付ける際の手間が軽減されます。
    • エコタイプは建築構造用圧延鋼材(SN490B)とTMCP鋼を採用しています。
    • Gタイプのベースプレートは鋳鋼特有の造形の自由さを利用し応力伝達の優れた形状にしました。
    • 在来工法と比較して、アンカーボルト孔のクリアランスを1.6〜3倍確保できます。
  • 特長3

    ブレース構造の設計法を確立

    ブレース構造でも設計しやすくなりました。
    (設計方法の詳細については、設計ハンドブックをご参照ください)

    実大実験
    ブレース構造用ベースプレート
    (H形柱用)

    Gタイプは、ブレースのガセットプレート取り付け用 リブを設けた形状のベースプレートも設計可能です。
    (特形品となりますので、ご採用の際には、別途 お問い合わせください。)

  • 特長4

    経済性を追求した信頼できる製品

    従来のハイベースの特長を継承しつつ、改良を加えてコストの削減を実現しました。(当社比)

    ベースプレートの形状を改良

    ベースプレートをより効果的に性能を発揮できる形状に改良し、コンパクトにしました。
    それに伴い、鋼材量を軽減しています。

    ベースプレートの形状を改良

    施工法の改良

    新しい形状の定着板と固定治具を採用し、コストの削減に加えて施工性の向上を実現しました。
    また、現場施工はセンクシアの認定施工業者が行いますので安心です。

    施工法の改良でコスト削減と施工性の向上を実現

    柱脚ヒンジ仕様※1とすることでより経済的な設計が可能

    許容応力度設計(柱脚部応力≦ハイベースNEOの耐力)の採用によって合理的な設計が可能です。
    よりコンパクトに、より経済的に自由度の高い柱脚を検討できます。

    • ※1
      ここで言う柱脚ヒンジ仕様とは、アンカーボルト降状耐力により設計する仕様を指します。
  • 特長5

    高強度柱材にも使用可能

    適用柱

    • BCR295、BCP235、BCP325などの角形鋼管に対応しています。
    • STK400、STK490、STKN490などの円形鋼管に対応しています。
    • 基準強度が325N/mm2を超える柱材にもご使用いただけます。
      (その場合には別途お問い合わせください。)
    • 熱間成形角形鋼管柱にもご使用いただけます。
      (EB型式に使用する場合には、柱の角部外側の曲率半径がBCR295またはBCP325と同じであることをご確認ください)
    • Gタイプは溶接組立箱型断面柱にも適用可能です。
    • 鋼管コンクリート造(CFT造を含む)柱への適用も可能です。
    • 外法一定H形鋼にも対応しています。
    • 国土交通大臣認定の範囲内で標準外の形状または高耐力のベースプレートの設計が可能です。
    • 柱を斜めに取り付ける場合には、別途お問合せください。
  • 特長6

    日本建築センター評定および国土交通大臣認定を取得

    柱脚性能については実大実験で確認し、工法は日本建築センターの評定、材料は国土交通大臣認定を取得しています。

    実験風景
    工法 評定番号
    ハイベースNEO工法(エコタイプ) BCJ評定-ST0059
    ハイベースNEO工法(Gタイプ) BCJ評定-ST0058
    スーパーハイベース工法(偏心タイプ)
    部材 認定番号
    ベースプレート(Gタイプ・偏心タイプ) MSTL-0404,MSTL-0180
    アンカー用ボルトセット MBLT-0042~0046

    アンカーボルト

    • HAB材(建築基準法第37条第二号の規定による認定取得)を採用した高強度アンカーボルトです。
    • 『2015年版建築物の構造関係技術基準解説書』に定められた「伸び能力を有するアンカーボルト」です。(降伏比0.7以下)

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています