柱絞り通しダイアフラム工法「スマートダイアⅡ工法」を新発売-スマートダイア工法をリファイン-

(2011年10月31日)

日立機材株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:笠原伸泰)は、2011年より鉄骨造柱はり接合部に用いる柱絞り通しダイアフラム工法「スマートダイア工法」を販売開始し、以来、鉄骨造柱はり接合部の省力化工法として多くの建築物に採用いただいてまいりました。
この度、「スマートダイア工法」をリファインし、お客様からの様々なご要望により広くお応えできる新しい工法として販売することとしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.開発の背景

鉄骨造の柱はり接合部において、上階柱を下階柱よりも小さくする(以下、柱絞り)ことにより、建物の有効スペース拡大や鋼材量低減による建築費の削減を図りたいというニーズにお応えし、この度異なる柱サイズが接合可能な柱はり接合部の設計および施工の簡便化、柱はり接合部のトータルコスト削減が可能な「スマートダイア工法」を開発しました。
そして、更なる利便性を高めるため、柱サイズおよび柱材質等の適用範囲が拡大した「スマートダイアⅡ工法」を開発しました。

2.新商品の特長

(1)上下階の柱サイズが異なる柱はり接合部に適応

「スマートダイア工法」の構成

「スマートダイアⅡ工法」は、上下階柱のサイズが異なる柱はり接合部に用いる通しダイアフラム工法です。本工法を用いることで、上階柱は下階柱よりも小さな柱を用いることが可能となります。
従来は柱絞り量が50mmのみの対応でしたが、本工法では柱絞り量が100mmまで対応可能となりました。更なる自由度の高い建築物の設計を実現します。

(2)柱はり接合部のコスト削減

在来工法に比べ、柱はり接合部はシンプルな構造となるため、材料費・加工費等の削減が可能です。

(3)施工期間の大幅な短縮が可能

「スマートダイアⅡ工法」では、パネル部に上下階の柱材と同じ一般的なストレート形状のコラムを用いるため材料入手も容易です。また、部材である「スマートダイア」も短納期で納入可能な体制を整えており、施工期間の短縮を実現します。

(4)適用範囲の拡大(柱サイズ・柱およびはり材質)

「スマートダイアⅡ工法」では、柱サイズの適用可能が拡大しました。従来では下階柱サイズ□550までの対応でしたが、最大□700まで対応可能となります。また、柱材質も400ニュートン級以下(BCR295等)に加え、490ニュートン級の柱材質(BCP325等)にも対応可能となりました。更に、はり材質も490ニュートン級かつ基準強度を1.1倍して構造計算した建築物にも本工法は対応可能となりました。

3.商品ラインアップ

S2030-25~S6070-30 計 14型式

4.適用可能な柱およびはり

  • 鉄骨造または鉄骨造と鉄筋コンクリート造その他の構造とを併用する建築物の角形鋼管柱
  • 適用柱材質
    490ニュートン級以下(BCP325,BCP235,BCR295,STKR490,STKR400,熱間成形角形鋼管)
  • 適用柱サイズおよび絞り量
    下階柱:300×300㎜~700×700㎜、絞り量:50mm、100mm兼用
  • 適用はり材質 490ニュートン級以下(はりの基準強度を1.1倍した建築物にも適用可能)

5.使用材料および設計方法等

ダイアフラムに求められる厚さ方向特性に優れた国土交通大臣認定材料を採用しています(SN490C相当品)。また、設計方法は(一財)日本建築センターの評定を取得しています。

使用材料

HFW490SD2,HCW490SD2

  • 国土交通大臣認定取得材(MSTL-0454,MSTL-0453)

設計および施工方法等

(一財)日本建築センター評定取得(BCJ評定-ST0194)

6.産業財産権

特許・意匠 出願中

7.価格(設計価格、材料、消費税別)

  • S2030-25  38,000円
  • S6070-30  259,300円

8.販売計画

2015年度 5億円
2016年度 10億円
2017年度 15億円

9.販売開始日

2015年4月1日

この件に関するお問い合わせ先

お客様

  • 構造営業部
  • TEL
    03-3615-5432

報道機関

  • 管理本部 経営グループ
  • TEL
    03-3615-5789
  • 会社案内ダウンロード

    センクシアの会社案内、商品ダイジェストなどのPDFデータをダウンロードいただけます。

  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト