「日立ハイリング®Ⅱ工法」の適用範囲を拡大!-適用はり拡大・貫通孔設置位置の自由度が更に向上-

(2013年07月01日)

日立機材株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:山田泰次)は2003年より鉄骨造のはり貫通孔補強材「ハイリング」を販売し、2009年に軽量化と溶接量を低減した「ハイリングⅡ」にバージョンアップしました。その間、お客様から貫通孔設置位置の自由度の向上、工期短縮、コスト低減等の評価をいただき、現在までに約5,500物件、90万個を採用いただいております。
この度、大型建築物・高性能鋼材への適用などお客様からのご要望にお応えし、適用はり材質・はりサイズを拡大した新商品を発売することとしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.新商品の特長

1.適用はり材質の拡大(S造用)

520N/㎟級以下 → 590N/㎟級以下 → 建築物の高層化・大規模化に伴い520N/㎟級を超える高性能鋼材への適用ニーズが高まっており、そのために開発・発売しました。

2.適用はりウェブ厚の拡大(最大値)

25㎜以下 → 32㎜以下 → 建築物の高層化・大規模化に伴い25㎜を超えるウェブ厚への適用ニーズが高まっており、そのために開発・発売しました。

3.ハイリング型式Aタイプの適用ウェブ厚範囲の拡大

Φ200以下

16㎜以下 → 19㎜以下

Φ250~Φ400

19㎜以下 → 22㎜以下 → より経済的なAタイプの適用範囲を広げることで、コストダウンに寄与します。

2.商品ラインナップ

対応孔径

Φ100,125,150,175,200,250,300,350,400,450,500,550,600

3.適用可能なはり

S造およびSRC造用鉄骨はり(H形断面)

4.国土交通大臣認定及び日本建築センター評定

国土交通大臣認定

  • (1)取得時期 2008年7月
  • (2)認定番号 MSTL‐0233,MSTL‐0234

日本建築センター評定

  • (1)取得時期 2013年5月
  • (2)評定番号 BCJ評定‐ST0095‐06

5.産業財産権

特許・意匠 登録済

6.価格(設計価格)

従来どおり

7.販売計画

2013年度 15億円
2014年度 20億円

8.製造工場

9.販売開始時期

2013年7月1日

この件に関するお問い合わせ先

お客様

  • 構造営業部
  • TEL
    03-3615-5432

報道機関

  • 経営企画グループ
  • TEL
    03-3615-5789

参考資料

補強金物(ハイリングⅡ)
はりの柱に近い位置にハイリングⅡを設置した例です。 参考図
  • 会社案内ダウンロード

    センクシアの会社案内、商品ダイジェストなどのPDFデータをダウンロードいただけます。

  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト