クリーンルーム用微振動対策架台「クロスベース」を新発売

(2010年02月24日)

弊社は昭和39年に電算室用のフリーアクセスフロアを発売して以来、クリーンルーム用、オフィス用を加え、高機能で幅広い用途のフロアシステムを開発、販売してまいりました。特にクリーンルーム用フロアは、各種製造工場向けに納入し、多くのお客様にご愛顧いただいております。
精密機器産業の製造工程では、歩行振動、周辺機器や設備から発生する微細な振動等が、生産設備や検査設備において製品の歩留まり(加工時の使用原料に対する製品の出来高の割合)に影響を及ぼすことがあります。
『クリーンルーム用微振動対策架台「クロスベース」(以下クロスベース)』は、不良品発生の原因となる微振動を大幅に制御し、クリーンフロア上の影響を低減します。
今般、長年の実績による弊社独自の製品・施工技術を応用しクリーンルーム内での生産性向上を目的とした「クロスベース」を下記のとおり発売いたします。

1.特長

(1)容易なレイアウト変更…「クロスベース」なら、リニューアルにも対応!

  • 「クロスベース」は現場組立にて仕上げます。一度設置して動かせないタイプではなく、設備機器のリニューアルや、移設にも移設対応が可能です。またフロアパネルと同じ600㎜サイズのため、移設時のパネル加工は不要です。

(2)稼動中のクリーンルームに設置が可能…「クロスベース」なら稼動中も設置OK!

  • 既設のクリーンルームの支持脚を撤去せず、稼動の状況でも施工が可能です。
  • 部品の最大重量を33㎏に抑えているので、施工時に揚重機器等が不要です。
  • モルタル等の発塵する部材を使用していないため、大掛かりなクリーン養生が不要となります。

(3)多様な表面処理選択が可能…「クロスベース」なら表面処理が選べる!

  • 「クロスベース」の仕上面は、アルミダイカストパネルを使用しているため各種表面処理が可能です。(ステンレス板、Ni-Crメッキ、導電エポキシ塗装、メラミン化粧板、シート、タイルなど)

「クロスベース」とこれまでの商品の比較

レイアウト変更 生産設備の稼動 表面処理の選択 ご要望の床高さ
クロスベース 移設可能 稼動中も施工可能 ニーズによる選択可能 幅広く対応
これまでの商品 移設不可 養生が必要 一定の仕上げ材 対応制限あり
  • 弊社調べ(’10/2月発表時点)

2.商品ラインナップ

「クロスベース」は、床の設置タイプにより支持脚タイプと、梁上タイプをご用意しています。

タイプ レイアウト変更
支持脚タイプ H=350~800㎜
梁上タイプ H=100~200㎜
支持脚タイプ敷設状況
梁上タイプ敷設状況

3.産業財産権

特許 14件 出願済み

4.主な納入先

半導体関連製造工場、液晶関連製造工場の各種クリーンルーム等

5.販売価格

設計価格(材工一式)

(例)

  • 支持脚タイプ:80万円/台(H=500、600×600㎜)
  • 梁上タイプ:45万円/台(H=200、600×600㎜)

6.販売目標

2010年度 1億円
2011年度 2億円
2012年度 4億円

7.製造工場

この件に関するお問い合わせ先

お客様

  • 内装営業部
  • TEL
    03-3615-5431

報道機関

  • 経営企画グループ
  • TEL
    03-3615-5789
  • 会社案内ダウンロード

    センクシアの会社案内、商品ダイジェストなどのPDFデータをダウンロードいただけます。