株式会社松阪電子計算センター データセンター

株式会社松阪電子計算センター様の、新しいデータセンターに当社のサーバーラック固定「フリーラックフロア」、免震床「スキッドⅡ」を採用いただきました。

使用商品

株式会社松阪電子計算センター

長年培った、業務ノウハウと実績を基にお客様の抱える課題を解決するあらゆるシステムを提供されています。 昭和42年創立以来、三重県庁をはじめとする地方自治体、県下有力企業の情報処理センターとして安定・着実に発展し、『総合情報サービス業』として、ネットワークサービス、ソフトウエア開発等、あらゆるユーザーニーズに応え、厚い信頼を得られています。

http://www.matsusaka.co.jp/

課題

  • 免震床の場合の床とラックの固定方法
  • 開口部補強方法

解決方法

  • フリーラックフロアの採用により、レールを使用したラックの固定が可能となった。
  • 強度を確保したフリーラックフロア開口付タイプの採用により、補強が不要となった。
導入パネル(A-2)
導入パネル(A-2H)

本物件の特長とご評価

懸案であったラックの固定について、購入したラックと新製品のパネルが問題なく設置・固定できた。
元々穴が開いているため(蓋もある)、パネルを切断する必要がなくなり、補助支柱の設置も不要になった。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください