センクシアが選ばれるわけ

「ハイベース工法」と呼ばれる露出型固定柱脚工法をセンクシアが初めて生み出してから42年。「パイオニア」というポジションに甘んじることなく、常に時代の先へ発展を続けるセンクシアのハイベース工法が、皆さまに広くご採用いただける理由をご紹介いたします。

今年で42周年を迎えるロングセラー「ハイベース工法」

1972年に商品化した露出型固定柱脚工法「ハイベース工法」は、40年以上にわたって多くのお客さまにご愛顧をいただいてきた、センクシアのロングセラー商品です。当時、当社の親会社である日立金属が保有する高い鋳物技術を生かした新商品づくりの一環として、試行錯誤を重ねて開発したのが、「ハイベース工法」です。

この「ハイベース工法」が注目を集めるようになったのは、約35年前。宮城県沖地震をきっかけに行なわれた建築基準法の改正で、1981年に新耐震設計法が施行されました。この新しい建築基準法にいち早く合致していたのが「ハイベース工法」でした。当時、「ハイベース工法」は従来の工法とのコスト比較が難しかったため割高であるという声も多く、採用をためらうお客さまがほとんどでした。しかし、法改正を機に法に対応している「耐震性」や「施工性」が高く評価されるようになったのです。また、施工性の高さから作業が効率化される効果にも注目が集まりました。その後も「ハイベース工法」は時代のニーズに合わせて進化を遂げ、「スーパーハイベース工法」、「ハイベース・エコ工法」、そして最新の「ハイベースNEO工法」へと生まれ変わりました。このように短い周期でその時代に即した商品にするべく改良を重ねている点でも、ハイベース工法シリーズは高い評価を受けているのです。

新製品「ハイベースNEO工法」が生まれた背景

当社では「ハイベースNEO工法」の開発を通じて、これまでにはない新たな理論を作り上げることに成功しました。開発期間は構想段階も含めると約2年半、実大実験の実施回数は約20回にも及びました。それ以外にも材料試験や部分的実験を10回以上、PCを使った解析などのシミュレーションは100回以上繰り返しました。柱脚の性能について、工法は日本建築センターの評定、材料は国土交通大臣認定を取得しています。変化を遂げながらも初期型からの特長はすべて受け継ぎ、さらに新たな付加価値を追加するという形で現在の「ハイベースNEO工法」が誕生したのです。

「ハイベースNEO工法」以外にも、当社では時代の変化に応じたさまざまな新商品を随時開発しています。鉄骨はりの貫通孔を補強する「ハイリング」、風揺れから大地震まで建物が揺れる振動エネルギーを吸収し、建物の安全性と居住性を高める「制震ダンパ」、上下階柱のサイズが異なる柱とはりの接合部材「スマートダイア工法」などがあります。豊富な商品ラインアップにより、あらゆる建物の構造部分をサポートできるのもセンクシアの大きな強みです。

「ハイベースNEO工法」の魅力とは?

「ハイベースNEO工法」の特長は、従来の「ハイベース工法」よりも優れたエネルギー吸収能力を発揮することです。大地震のエネルギーを従来よりも多く吸収することができるため、建物全体をさらに安全に設計することができるのです。これにより、お客さまのニーズにより多く応えることができ、今までよりも広い範囲で建物の設計に使用することが可能になります。

また、商品単価の低減にも成功。他社商品と徹底的に比較して、性能はもちろんコストパフォーマンスも他社を上回るように努めています。従来の商品に比べてベースプレートをコンパクトに設計することで、コストダウンを実現しています。

さらに、許容応力度設計(柱脚部応力≦ハイベースNEOの耐力)を採用した合理的な設計のおかげで、経済的により自由度の高い柱脚を検討できますし、鋼板製・鋳鋼製の2タイプのベースプレートを採用すれば、性能と経済性を考慮した型式選定も可能です。コスト面が気になるお客さまにも、自信を持って提案させていただきます。

信頼と実績、施工を含めた対応が強み

商品の技術的な信頼と豊富な実績に加え、当社では商品の性能を十分に発揮すべく、部材の提供からアンカーボルト設置・無収縮モルタル注入などの施工作業まですべて当社と当社の認定施工業者にて実施させていただきます。

今後も露出型固定柱脚工法のパイオニアとして商品の改良を重ね、革新的な「ハイベースNEO工法」をさらに広めていくことが目標です。この業界では歴史の長さと品揃えでは、圧倒的なナンバーワンを誇るセンクシア。パイオニアとしての誇りと自覚を持ち、これからも他社や業界を牽引していく立場でありたいと思っております。

営業担当者が丁寧にヒアリングを行ない、お客さまのご要望に100%対応できるよう心掛けておりますので、納期やコストの面でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

ハイベース・構造部材に関するお問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

電話・FAXでのお問い合わせ(別ウィンドウで開きます)

Webからのお問い合わせ

  • 会社案内ダウンロード
  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト