SRCスーパーハイベース工法 柱脚の比較

SRC造建築物の耐震性をサポート。

「SRCスーパーハイベース工法」は豊富な経験を基に、機能的で経済性を追求した商品バリエーションで、新たな耐震建築をサポートします。

SRCスーパーハイベース工法

  1. 基礎工事では鉄骨柱が不要(アンカーボルト設置後の基礎工事可能)
  2. 配筋、型枠工事が容易(基礎柱型はアンカーボルトのみ)
  3. コンクリートの2度打ちが不要(1度打ちで完了)
  4. 根切りが浅くできる(地下がない場合)
  5. 基礎工事完了時に埋め戻しが可能(建方時に重機が入りやすい)

埋め込み工法

  1. 基礎工事で鉄骨柱が必要
  2. 鉄筋は柱ウェブを貫通、もしくはハンチで鉄骨柱の外側を廻すなどの施工が必要(型枠も同様)
  3. コンクリート打設が2度打ち
  4. 根切りが深くなる(地下がない場合)
  5. 埋め戻し時期が遅くなる(建方時に重機が入りにくい)

関連商品の納入事例紹介

イオンモール幕張新都心

日本最大級のショッピングモール「イオンモール幕張新都心」へ、コストメリット・施工性・工期の短縮効果を評価され、採用いただきました。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています