SRCスーパーハイベース工法 商品規格/特長/構成

SRC造建築物の耐震性をサポート。

「SRCスーパーハイベース工法」は豊富な経験を基に、機能的で経済性を追求した商品バリエーションで、新たな耐震建築をサポートします。

SRCハイベース工法は、1993年(平成5年)5月に(一財)日本建築センターの評定(BCJ評定-ST0084)を取得し、1993年(平成5年)8月にベースプレートの大臣認定を取得して以来、数多くの実績を積み重ねてまいりました。

その後、建築基準法の改正、新たな建築鋼材の規格化、構造設計の性能規定化など建築技術の変革は著しく、より高度な技術と品質管理が義務付けられるようになりました。

この環境に適合すべく従来の「SRCハイベース工法」を大幅に改良し、2000年(平成12年)5月、新たに「SRCスーパーハイベース工法」として大臣認定を取得、さらにその後の法改正にも対応し2002年(平成14年)3月、国土交通大臣の認定(認定番号MSTL-0180、認定番号MBLT-0042~0046)を取得しています。

構成

SRCスーパーハイベース工法はベースプレート、アンカーボルト、定着板、ナット、座金、ベースプレート下面モルタル、アンボンドスリーブより構成されます。

規格

ベースプレート※1 アンカーボルト※2 ナット※2 座金※2 定着板
規格 大臣認定取得材(HCW490st) 大臣認定取得材(HAB) JIS B1181(六角ナット) JIS G3106 JIS G3101
備考 SN490B同等 降伏比0.7以下 強度区分8 SM490A SS400
  • ※1
    国土交通大臣認定[MSTL-0180]
  • ※2
    国土交通大臣認定[MBLT-0042~0046]

特長

  • 特長1

    柱脚実験による検証を行い、(一財)日本建築センター評定を取得

    阪神・淡路大地震で、SRC非埋込型柱脚が引張破壊を起こした例が多かったため、「2015年版建築物の構造関係技術基準解説書」では、“柱脚における引張力に対しては慎重な設計が望まれる”としています。

    SRCスーパーハイベース工法は、引張軸力下での柱脚実験を行い、引張軸力下で耐震性能を発揮するための各種規定(引張鋼材比、限界軸力など)を設けたSRC造非埋込型柱脚工法です。

    BCJ評定-ST0084

    実験目的

    大きな引張軸力とせん断力が作用する柱脚挙動の把握。

    実験概要

    引張軸力N:引張耐力の80%
    D:柱せい
    a/D=1.25

    試験体

    SRC柱断面(共通):400×400㎜

    実験結果例(M-R関係包絡線・正戴荷)
  • 特長2

    耐震性能の優れた非埋込型柱脚を実現

    • 鋳鋼製のベースプレートは、応力伝達効率が優れており、柱との溶接による熱影響を殆ど受けない形状で設計
    • アンカーボルトは、「降伏比70%以下」の規格を満足し、変形性能を向上
      設計基準強度F値=490N/㎟
  • 特長3

    施工体制

    • アンカーボルト設置、無収縮モルタル注入、ナット本締め工事を当社認定施工業者が施工
  • 特長4

    工期短縮と基礎工事の省力化を実現

    • 埋め戻し後、GLより建方が可能
    • コンクリートの1度打ちが可能
    • 基礎配筋、基礎型枠の設計・施工が容易
  • 特長5

    地下駐車場などのRC部分のスペースを効率的に活用

    • 基礎柱形に水平ハンチが不要
    • 耐震壁が効率的な厚みで設計可能

関連商品の納入事例紹介

イオンモール幕張新都心

日本最大級のショッピングモール「イオンモール幕張新都心」へ、コストメリット・施工性・工期の短縮効果を評価され、採用いただきました。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています