クリアベース工法® 施工例

クリアベース工法は被覆型弾性固定柱脚工法です。

クリアベース工法は、中低層・小規模建築物における柱脚の価格性能比の向上と設計の簡便化を目指した被覆型弾性固定柱脚工法です。

施工手順

1架台取付け

2アンカーボルト設置完了

3基礎コンクリート打設

4中心塗り部分モルタル

5建方

6建方(押えプレートの取付け)

7建方(ナットの取付け)

8スリープ、Cバンド取付け

9上部定着板、ナット取付け

10後詰め無収縮モルタルの充填

11型枠撤去

12スラブ等による被覆

注意

上記は標準的な施工例です。現場の状況などにより、上記以外の施工方法となる場合があります。

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

この商品を見ている人はこのような商品も見ています