環境に配慮した、地球にやさしいECOシリーズ 注油が不要で環境にも優しい「オイルシールドチェーン」

  • 特長1

    無給油化を実現!

    これまでのチェーンに必要だった給油をメンテナンスフリー化。そのまま10,000時間稼働。

  • 特長2

    だから環境に優しい!

    潤滑油の給油を不要にすることで、油の飛散による汚染もなく、限られた資源の節減に貢献します。

  • 特長3

    だから生産性もアップ!

    メンテナンスの度に必要だった操業停止も、余計な作業負担もなくなりました。

従来のチェーン商品には大きな欠点が…

チェーン式連続アンローダー

チェーン商品にとって、使用による部品同士の摺動や摩耗は不可避です。特にピンとブシュの摩耗(チェーン伸び)は、円滑なチェーン走行を妨げ、やがてチェーンに疲労破断をもたらします。従来のチェーン商品は、寿命を極力伸ばすため、定期的に潤滑油を塗布することが行われてきました。その頻度は一般的に200~300時間ごとで、チェーン式連続アンローダーの場合、注油部分はおよそ600ヵ所にも及び、メンテナンスの度に丸1日の操業停止を余儀なくされてしまいます。

また一方で潤滑油の給油は、搬送設備が設置された周辺環境への滴下や操業中における飛散など、油による汚染が問題視されていました。チェーン式連続アンローダーなどは、多くの場合、海辺に設置されているためです。

ピンとブシュの間に油剤を封入し、密閉

オイルシールドチェーンの構造

こうした問題の解決すべく、当社では約8年間の開発・試験期間を経て、ピンとブシュの間に油剤を封入・密閉することで追加給油を不要にした、新しいタイプのチェーン商品である「オイルシールドチェーン」を誕生させました。
「オイルシールドチェーン」は、複数のシール材を組み合わせ、ピンリンクプレートとブシュリンクプレートの間に設置。このシール材はピンとブシュの間に封入した油剤に対する密閉機能を果たすだけでなく、外部からの侵入する粉塵等を防ぐ働きもします。また、ピンの軸方向へのチェーンの動きに追随する機構により、稼働中におけるシール力のばらつきを発生させません。

稼働10,000時間の寿命を実現

こうした新技術の導入により、「オイルシールドチェーン」は、一般的にチェーン商品における寿命の目安とされる「稼働10,000時間でピッチ伸び2%以内」という基準を見事にクリア。10,000時間の間に一度も給油することなく搬送現場が求める品質を維持し、生産性を向上させることに成功しました。「オイルシールドチェーン」が今後、さまざまな業種のお客様にとって必要不可欠な存在となることが大いに期待されます。

「オイルシールドチェーン」のカタログ、詳細ページ

お問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

チェーン・スプロケットに関するお問い合わせ

商品のご質問やお見積もりのご相談はこちらからお問い合わせください

電話・FAXでのお問い合わせ(別ウィンドウで開きます)

チェーン相談室(Webからのお問い合わせ)

  • 会社案内ダウンロード
  • Special Contents
  • The Secret Heroes. センクシア スペシャルサイト