関東製作所 マテハン本部 技術・顧客サポートグループ

学んだ分だけを自分を生かせる職場で、スーパーエンジニアをめざす!

斉藤 亮一 Ryouichi Saitou
  • 関東製作所
  • マテハン本部
    技術・顧客サポートグループ主任
  • 機械工学部卒
  • 2006年入社

わたしの仕事

産業用チェーンの開発・設計です。当社は、お客さまのご要望と用途にあわせたチェーン設計(形状・材質・熱処理方法を変えるなど)を強みとしており、私はその設計と新商品開発を担当しています。設計で気を配るのはローラーの摩耗や金属が折れてしまわないかということです。金属の特性の知識は多いほど苦労しません。

やりがいを感じる瞬間

学生時代に学んだ材料力学の知識を生かすことができ、日々充実しています。自分が学んでいたのは機械や構造物に負担が加わったときの変形や破壊の原理を研究することでした。部材の特性を知ることができたので、現在の業務にはとても役立ちました。日本でチェーンをオーダーメイドで製造する会社は少なく、そのような会社で設計に関われていることは、技術者として貴重な経験ができていると言えます。学んだ分だけ仕事がはかどりますが、むしろ知識がないと苦労するかもしれません。たとえば食品関係のチェーンなら、摩耗して粉が出たり錆びついたりしにくい金属を使う、水処理ならば水に強い金属を使うなど、材料をどのように設計に生かすかが決め手になります。入社当時は簡単な図面を描くなどの単純な作業しかできませんでしたが、最近では大きな案件を任されることもあり、自分なりのノウハウが身に付いて来たと感じられ、嬉しくなります。

センクシアのココが好き

日本でもチェーンをオーダーメイドで製造する会社は多くありません。私は中途入社ですが、学生の頃に学んでいたことを、チェーンの設計で生かせるということが一番の入社動機でした。また、会社見学をした際、設計部門の事務所と製造現場が隣接していたことにもとても魅力を感じました。現場で覚えることも多く、常にブラッシュアップできます。

オフの過ごし方

こどもと過ごすのがお決まりの週末です。家族の時間を持てるおかげか、自分でも驚くほど、公私ともにストレスを感じずにいます。こどもをしつけて気付かされたのは「理解と説得」が大切だということ。このことに気付いてから後輩への配慮が変わったと思います。

わたしの夢

勉強時間を増やしたくて、限られた時間で効率よく動くにはどうしたらよいかを考えるようになりました。専門分野以外のことにも知識を広げて、国内外を問わず、「彼に聞けば間違いない」と思われるようなスーパーエンジニアをめざします!そして常に謙虚でありたいです。