【事業紹介】構造システム(ハイベース・構造部材)

揺るぎない技術で生活を支える構造技術。

センクシアの構造システムは、高層化および大スパン化が進む建築物で最も重視される耐震性を実現した露出型固定柱脚「ハイベース」を主力商品としてお客様に提供しています。性能の信頼性、施工性、コスト面でのパフォーマンスは、設計事務所および建設会社などからご好評をいただいており、豊富なバリエーションにより多くの実績を築いてきました。また、常に地震の脅威にさらされている日本では、制震対策のニーズもますます高まっています。構造システムの第二の主力商品である制震装置「ハイビルダム」を取り入れた建築物は、地震被害の回避はもちろん、風揺れも軽減することができるため、高層ビルだけでなく、工場などの低層建築物にも応用されるようになりました。こうしたニーズの拡大にも、私たちはひとつひとつ「ベスト・ソリューション」を導き出し、生活の安全と安心に貢献しています。

柱脚部材等

多様化するユーザーのニーズに応えるために、研究開発を重ね、ハイベース工法は「ハイベースNEO工法」にリファインされました。設計性・経済性が向上しています。

ハイベースNEO工法

ハイベースNEO工法は、アンカーボルトの伸び能力等により優れたエネルギー吸収能力を発揮することができ、高い耐震性を確保します。従来の柱脚工法に比べ工期短縮と施工精度向上がはかられ、これまでよりも広い範囲の建物の設計に使用することが可能です。

PINベース工法

PINベース工法とは、在来ピン柱脚に比べ回転剛性を小さくしてピン接合に近づけた露出型柱脚です。スリットを設けることでPINプレートを変形しやすくし、在来ピン柱脚より低剛性を実現しました。

ジョイントカプラ工法

ジョイントカプラ工法は、太径の高強度定着アンカーとジョイントカプラの効果により、大きな耐力を確保できます。耐力確保により高強度杭の使用が可能となります。

鉄骨柱はり用部材

ハイリングⅢ工法

ハイリングⅢ工法は、シンプル形状の特殊金物による鉄骨ばり貫通孔補強工法です。本工法の採用により、耐震性が高く美観に優れた鉄骨ばりを復元できます。経済性も良好で大幅な工期短縮も図れます。

スマートダイアⅡ工法

スマートダイアⅡ工法は上下階の柱のサイズをより簡単に変えることができる工法です。設計・施工を簡易化し、建物のコストダウンが可能になります。

制震装置

ハイビルダム(油圧式制震ダンパ)

ハイビルダムは、油の流体抵抗を利用して建物の揺れを吸収するパッシブ型油圧式制震ダンパです。大地震から風揺れまで幅広い範囲で性能を発揮し、超高層から低層の建築物まで幅広く採用されています。本商品の採用により建築物の安全性および居住性が向上します。